スマホが普及してアドレス交換はしやすくなった?

インターネットが普及して、今ではすっかりメールでのやりとりが普通なものになりました。
メールのほうが時間帯を気にせず送れるし、電話のように拘束されることもないので便利だという人もいます。

その特徴をうまいこといかしているのがメル友です。
携帯電話がない時代だったら、電話番号、もしくは住所だったと思います。
どちらもプライベートに深くつっこんでいる感じがして教えるほうも教えられるほうも重たいですが、メールアドレスであれば前述のような理由から気軽に交換が行われているようです。

メールでしたら無理に話す必要もないですし、女性のほうも警戒心が薄く、アドレスくらいならと教えてしまう方も多いです。
女性にアドレスを聞いてOKをもらえたらその場で交換するのが普通な気もしますが、相手の出方が分からないときには自分の分を伝えるのは少し待ってみましょう。

アドレス交換後、その日のうち、または近日中に自分からメールを送ってみてください。
そのとき、自分のアドレスは相手に伝わっているわけですから、それで返事がくれば晴れてメル友というわけです。

女性が男性に好意や興味を持っていた場合、普通であればこちらからアドレスを聞いたときに流れで「自分にも教えてほしい」と言ってきてくれます。

相手から要求されればそれはチャンスがあるということ。
メル友から交際に発展することはよくありますので、慌てずに相手の様子をうかがいながら行動していきましょう。

アドレス交換するには『おもてなし』が大事?

出会いがないから出会い系に登録されているのでしょうから、できることならアドレスの交換にまでもっていきたいですよね。
出会い系は、出会いをサポートする場であって、必ず出会いを保障してくれるようなサービスではありません
こちらの安心安全な出会い系サイトの選び方でも同じようなことを書いています。

出会い系を利用しても相手になるのは結局人です。
寝て、起きて、ご飯を食べて、仕事をしたり学校へ行ったりしています。
親や友達がいて、その人たちと遊んでいることもあります。
いつでも暇なわけではありません。
そのへんを充分に理解しておきましょう。

では実際にどうするべきなのか。
とりあえず、気になる相手の行動パターンは把握しておくことが大切です。
相手が学校に行っているようであれば授業中にメールを送るのは迷惑だし、社会人であれば仕事中に連絡しても返信は期待できません。

社会人といっても仕事はさまざま。
会社勤めで土日が休みの人もいれば、商売をしている人であれば休みの日こそ忙しかったりもします。
相手に都合のいい時間帯を初めに聞いておくのも一つの手かもしれませんね。
相手への気配りが見えれば悪印象になることはまずありませんし、相手の余裕のあるときにメールをすれば自然に内容のある会話もできますよね。

実際にアドレスを交換した後も、お付き合いにまですすめたいのであれば、相手の気づかいは忘れないようにしましょう。
夜勤のある人だったら昼間に寝ておきたい人だっているのです。
そんな人のところに時間も考えずメールを送れば、せっかくアドレス交換までこぎつけた努力が水の泡になってしまいます。
出会い系の向こうには人が生きているのだということを頭にいれておきましょう。

what's new

2014-06-24
スマホが普及してアドレス交換はしやすくなった?の内容変更
2014-01-30
専用アドレスを作って出会いを探すコツの内容変更
2014-01-30
アドレス交換をするちょっとしたテクニックの内容変更
2014-01-30
タイプによってアドレス交換するタイミングを考えるの内容変更
2014-01-30
アドレス交換に時間が掛かってしまう人への内容変更
2014-01-29
運営者情報の内容変更
2014-01-29
サイトマップの内容変更

アドレス交換って?

意外と簡単!?アドレスを交換する方法!
ガラケーとQRコードを使ってアドレス交換する方法をご紹介!